公益通報

通報に関する規程

外部の労働者等からの公益通報等に関する規程

外国人技能実習機構における公益通報等の手続きについて

1.公益通報等の条件
  (1) 通報に不正の目的がないこと
  (2) 法令違反行為が生じ、又はまさに生じようとしていること
  (3) 通報の事実を裏付ける内部資料等の証拠を有するなど、「信ずるに足りる相当の理由」があること
  (4) 外国人技能実習機構が法令違反事実について処分又は勧告等の権限を有していること

2.通報の方法
  (1) 郵送
   ア 郵 送 先:下記4の通報相談窓口
   イ 記載内容:下記(2)通報受付の内容を参考に記載してください 
  (2)  電子メール
   通報受付

3.通報の際の注意事項
  (1) 通報の際は、氏名、連絡先(住所、メールアドレス、電話、FAX番号等) を明記してください。
    匿名の場合は氏名欄に「匿名希望」と記載ください。
  (2) 法令違反又は違反の恐れのある行為の内容について、行為があった日時及び場所、行為を知った日、
    証拠の有無などを具体的に記載してください。通報の内容が著しく不分明な場合や内容が事実でないことが
    明らかな場合、また、既に通報に係る事実関係の調査を実施しているなどの場合には、公益通報等として
    受け付けない場合があります。
  (3) 通報された方の個人情報は、調査等に必要な場合及び通報された方への報告を行う場合のみ使用し、
    その他の目的には使用しません。
  (4) 通報を行ったことを理由として、当機構が通報された方及びその勤務先に対して不利益な取扱いを
    することはありません。

4.通報相談窓口
  外国人技能実習機構総務部総務課(当機構の役職員に関する通報)
           企画・広報課(上記以外の通報)
  住所 〒108-0075 東京都港区港南1-6-31品川東急ビル8階
  電話 03-6712-1523